2017.08.01

僕は、今書いている小説を9月31日までに応募。もう応募フォームは公開された。
去年から構想している小説を来年の3月31日に応募を予定している。(これはどうかわからないが、今のが終わり次第、着手する)
今書いているのは上限が六万字までだが、最低の二万八千字を越えればいいかなと思えてきた。形にして秩序を与えることが重要だと思うから、文字数はあまりこだわる必要はないと思うのだ。とにかく文字数のは二万八千字をまず目指して、前進して、形にしてみる。それでもいいと思った。今まで六万字という文字の量に囚われ過ぎていた。だから書くのも最初から書くのじゃなくて、途中のやつを考えて書いたりとか、終わりは全く考えていなかったり、バラバラだった。

レンドルミンマイスリーを飲んで、ハウスっぽい音楽を聴いていたら、過敏な感覚系統をただただ癒してくれた。その前は、焦燥と強迫が強かったのに。音楽は時間の芸術であり、没入すぎると時間を取られていく感じがするのだが、これなら何時間でも聴いていられそうだと思った。

www.youtube.com